トランジェスターが女性ホルモンの投与を受けて起こる変化

はじめに

体は男性で心は男性の場合、女性ホルモンを投与するという治療方法があります。
女性ホルモンを投与すると体にはさまざまな変化が現れます。
では、どのような変化があるのでしょうか。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。
この2つのホルモンがバランスを取りながら分泌されています。
エストロゲンには、丸みを帯びた体を作る、つやつやな肌を保つ、骨粗しょう症を予防するなどの働きがあります。
プロゲステロンは妊娠に備えた体作りをするために大切なホルモンで、子宮内膜を整える働きがあります。
月経前にはプロゲステロンの分泌量が増えて、むくみやすい、たくさん食べたい、眠いなどの体の変化が現れることがあります。
こういった症状がつらい場合は、月経前症候群といいます。

女性ホルモンの投与で起こる体の変化

男性の体は女性に比べて、がっしりとしていてゴツゴツとした印象です。
ところが、女性ホルモンを投与することで体に丸みが生まれてきます。
特にお腹周りに脂肪がつきやすいです。
お腹には子宮や卵巣など子供を産み育てる大切な器官が存在し、これらを守るために脂肪が蓄積をします。
胸もふっくらとしてきます。
女性の胸がふっくらとしているのは、女性ホルモンの影響で乳腺が発達するからです。
妊娠中には出産後に赤ちゃんに母乳を与えるために、女性ホルモンの影響で乳腺がとくに発達してきます。
女性ホルモンは肌をつやつやにする働きがあるので、肌がきれいになってきたように感じるかもしれません。
ただし、肌のつやを保つためには日ごろのお手入れも大切です。
ヒゲは薄くなってきます。女性でもヒゲのようなものが目立つ人もいるように、女性ホルモンを投与したからといって完全にヒゲがなくなるわけではありません。
男性に比べて女性は声が高いです。
しかし、女性ホルモンを投与しても声は高くなりません。
男性が女性よりも声が低いのは、声帯振動数が女性よりも少ないからです。
これは声帯の厚みや筋肉の緊張が関係しています。

副作用について

男性が女性ホルモンを投与することで、吐き気や頭痛などの副作用が出ることがあります。
どのような副作用が予想されるのか、医師の話をよく聞いておきましょう。

まとめ

トランジェスターの男性が女性ホルモンの投与を受けることで、体つきが女性のように変わってきます。
しかし、副作用の心配もあるので治療を受けるときには医師とよく相談をしてください。