lgbt企業表彰を受けた企業について

性的マイノリティに前向きである事業者が表彰される

lgbt企業として認定を受ける企業とは性的マイノリティを知っている、その上で会社の従来通りの在り方を変えることを促進している、lgbtについて理解を求めるなどを実地しており、企業の中にそれらの取り組みが取り込まれたうえで機能していることがlgbt企業表彰を受けることができます。
有名な企業としては、JR西日本がlgbt企業認定を受けており3年連続でゴールドを獲得しており、性別を超えた垣根をなくす企業制度を多く取り入れています。

ゴールド認定を受けることはlgbt企業として自社をアピールまたは自社の働きやすさを示すきっかけにもなる

企業自体もlgbt企業として周囲の方に認知をして貰うことで利点があり利点としては性的な垣根を超えて働きやすい職場作りをしていることを周囲の方に示すことができます。
特にPRIDE指標結果においてゴールドを取ることは企業からしてみれは、いかなる人種や性別を対象としても働きやすい環境下であることを周囲の人々や企業に知らしめることができ自社のピーアルにも繋がります。
誰しもが働きやすい環境下であるということは働く人々にとっては理想的な企業であり性的なマイノリティを理解しているからこそ人間を理解しているうえで適切な評価の他適切な仕事を与えてもらえるということにも繋がり企業価値を高めることにも繋がります。
逆に言ってしまうとこのPRIDE指標結果が低い企業においては、性的なマイノリティを抱えている人以外に対しても差別的であったりする可能性が高い企業でもあるということにも繋がりますので、マイノリティを抱えていない人間にとっても魅力的な会社であるかどうかは未知数です。

lgbt企業表彰をなぜ企業が気にするのか?

何故企業はPRIDE指標結果を気にしているかについてですが、これは優秀な人材を確保する上で差別的な会社ではないということをまずは知ってもらうことが必要でより良いランクを取りたいのが企業としての思惑です。
その上でより良い会社であることを証明できれば企業としては性別の垣根を超えたうえで優秀な人材を確保し自社の利益として人材を確保することができるということです。
つまり、優秀な人材を確保する上でより良い会社を作る上で性的なマイノリティを抱えている人の他障害を抱えている方などをも貴重な人材であるとすることにより会社の生産性を高めているのです。
つまり、お仕事をする上で性別の垣根を超えて同性愛や両性愛者という偏見や差別を排除しより良い会社を作ることにこだわっており、良い会社を作る上で差別をなくすことにより優秀な人材を確保することに力を入れている企業はPRIDE指標結果を気にしているのです。
これは何も悪いことではなく、差別なく誰もが理想的な形でお仕事ができる会社であることの証明にも繋がりますのでより良い理想的な会社を目指す上で必要な証明でもあります。
逆にPRIDE指標結果にて優秀な数値を得ることができず評価をされなかった会社については、どのような人物であっても差別を受ける可能性があるため、性的マイノリティを持ち悩んでいる方以外においても差別を受けている可能性も否定できないです。
つまり企業は、PRIDE指標結果によってはダメな企業であるというレッテルを張られる可能性もあり、そうした企業においては優秀な人材であっても同性愛、両性愛者であることを理由に解雇したり差別をしたりする会社である可能性が高いため、性的マイノリティを抱えていない人物から見ても魅力のある会社であるとは言えないのです。